自賠責保険はもしもの時の備え

自動車保険とは、自動車を利用している際に起こり得る損害を補償するためのものであり、損害保険に属する保険である。

一般的には任意保険と呼ばれる保険のことを指すのだが、法的には自動車損害賠償責任保険、通称、自賠責保険も自動車保険に含まれる。

自賠責保険は、自動車並びに原動機付自転車を利用する際には運転者が、必ず加入しなければならない保険である。それ故、強制保険とも呼ばれている。

すべての運転者が自賠責保険に加入しているので、自動車利用の際のすべての損害に対する補償はなされている。但し、自賠責保険の目的は、被害者に対する最低限の補償である。従って、補償の上限が決まっているのである。

自賠責保険の補償の上限は、被害者1人につき、死亡の場合3000万円、後遺障害の場合4000万円、傷害の場合120万円である。また、死傷者がいない物損事故の場合は補償の対象外である。

このように、自賠責保険の補償には限界があるので、運転者は自賠責保険に加入しているだけでは安心して自動車を運転できないこととなる。それ故に、多くの運転者は、任意保険にも加入しているのである。

但し、任意保険にも実際には補償の上限は存在している。ただ、上限は加入者が任意で設定、あるいは選ぶことができる。

自賠責保険との違いである。しかも、上限なし、無制限の補償という契約もできるようになっている。また、自賠責保険では対象外だった、死傷者なしの物損事故も任意保険ならば補償されるのである。

ただ、自賠責保険の場合は、どの加入者であっても支払う保険料は同じ(但し、自動車の種類や大きさ、契約期間等による違いはある)であるのに対し、任意保険の場合は、加入者によって支払う保険料は異なるのである。

このことは、契約内容に起因している。自賠責保険の場合、どの加入者であっても補償は同じであるから、支払う保険料も同じなのである。

一方の任意保険は、加入者によって補償が異なるので、支払う保険料も異なるのである。つまり、多くの補償を望めば、その分、支払う保険料も高くなるのである。

また、事故を起こしやすいと判断された人物も支払う保険料が高い傾向にある。過去に事故を起こしたことがある人物はもちろんだが、違反歴、処分歴の多い人物も高い傾向にあり、また、若年層も運転技術が未熟だと見なされ、高い傾向にある。

損害が発生した際の保険金の支払いは、最初から任意保険から支払われるのではなく、まずは自賠責保険から支払われ、その不足分が任意保険から支払われるようになっている。もちろん、自賠責保険対象外の補償の保険金は、全額、任意保険から支払われる。